1回

不倫って、1回じゃ証拠にならないって知ってましたか?

ダンナの浮気・・・1回だけでもイヤなのに、2回も3回も泳がせて証拠をつかまないといけないなんて。
考えただけで心が折れそうです。しかしそれは調停や裁判が目的の場合です。離婚ばかりが人生ではありませんので、許すという選択もあります。
それにこれはカンペキを目指す場合なので、本気で勝ちに行きたい決意がある時は探偵に不倫調査を依頼する人もいるようです。

探偵に不倫調査を頼むとすれば、まず依頼者は4つの内のどれかのカテゴリに属することになるでしょう。
【別れてくれたら許す派】と【別れても許さない派】
【浮気の確信がある派】と【わからない派】
簡単に言うと、この4つのうちどれかまたは2つに属していると思います。
また、中には【現場を見てみないと自分がその時どう思うかがわからない】という人だっています。

そのため、まずは前提となる依頼者の気持ちによって依頼をする探偵の不倫調査の動きも変わってくるでしょう。
相手の女性と別れてもらうことが目的なら、現場をおさえるてからが話し合いの本番だと思います。
それで話がまとまらなければ相手の女性を特定したり、複数回に及ぶ逢引きの証拠をつかまないといけません。
なので探偵の動きは依頼者の気持ち一つで決まってきますから、まずは冷静になって自分がどうしたいと思っているのかをまとめておくといいでしょう。

また、探偵では不倫調査の依頼の他に相談も無料でしてくれるというケースがあります。
不倫の話は人には話しづらいものですが、女性が担当してくれたり、専任の担当者がいてくれる興信所なら安心です。これなら何かあった時にでもすぐに話しが通じそうですね。

女性にとっては苦しい選択となりますが、探偵では次のステップに進むための手助けをしてくれますよ。

もしかしたら、この家は盗聴や盗撮されているかもしれないと感じたらすぐに、探偵 東京に対策を依頼します。プロのノウハウで、徹底的に盗聴器や盗撮器を排除してもらいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加